オンラインカジノは海外の政府が公認する安全なギャンブル

カジノといえば、ラスベガスやモナコ、マカオなどのとても派手でゴージャスなイメージが強くあると思います。
ギャンブルというとマイナスイメージの強い日本ですが、海外ではカジノは紳士淑女が集う大人の社交場でもあります。
そんなカジノを、日本にも作ろうという動きが今とても盛り上がっています。
しかし、ひと足先に、じつはすでに日本でカジノをバーチャルに体験することができるサービスがあるのです。
それが、ここでご紹介するオンラインカジノです。

オンラインのゲームで獲得できるリアルマネー

オンラインカジノというのは、その名前のとおり、インターネット上でプレイするカジノのことです。
たとえば、現在でもスマホなどでオンラインのゲームを楽しんでいる人は多いと思います。オンラインカジノは、そのカジノバージョンと考えてもらえばよいでしょう。
ただし、ひとつだけ大きな違いがあります。それが、ゲームに勝てば、本物の賞金を獲得できるということ。
ポイントを争うのではなく、現金そのものを賭けることができるのだから、そのスリル感はまったく違います。
手に入れられる賞金も、ゲームの内容や勝ち方次第では、十万円単位から、百万円、千万円、そして億単位の金額でさえ、一夜にして稼ぐことも夢ではありません。
ただのゲームじゃない。世界中から、一攫千金を夢見るプレイヤーが参加する、それがオンラインカジノなのです。

オンラインカジノに信頼性はあるのか?

オンラインゲームと同じようなものだというと、疑問に思うことがありますよね。
それは、コンピューターを相手にフェアな対戦ができるのか、ということ。コンピューターにとっては、スロットマシンでもルーレットでも、カードゲームでも、すべて自分が有利なように操作できるのでは?
でも、考えてみてください。今、日本で人気のあるパチンコやパチスロも、そのほとんどがコンピューターによってコントロールされています。
でも、そこにアンフェな操作があるとは思いませんよね。
同じように、オンラインカジノのゲームも、すべて公平性がしっかり確保されたものばかりが選ばれています。制作しているソフトウェア会社だけではなく、利益には関係しない第三者からもその内容はつねに監視されているので、まったく問題はありません。
また、オンラインカジノにはライブゲームも数多く用意されています。
こちらは、実際のディーラーやプレイヤーとインターネットを通じて対戦するので、最初から人間とプレイしているのと変わらない勝負をすることができます。

ほかのギャンブルよりはるかに高いペイアウト率

オンラインカジノならではのポイントに、儲けやすさがあります。
たとえば、宝くじや競馬などは、日本でも合法的に認められているギャンブルです。実際に購入している人も多くいるでしょう。
しかし、こういったギャンブルで儲けることができた人はどれくらいいるでしょうか。
このような公営ギャンブルでは、思ったように利益が出ている人は少ないのではないでしょうか。
なぜかというと、そこにはペイアウト率というからくりがあるからです。
これは、賭金に対してどれくらいの金額が払い戻されるかという割合あらわした数字のことです。たとえば、競馬や競艇なら75%ほど。つまり、1,000円賭けて当たったとしても、払い戻される金額は平均して7,500円にしかならないのです。
勝つか負けるかの二者択一で、2倍より低い金額にしかならないということは、賭ける側にとっては不利ですよね。これが、ギャンブルではなかなか勝てない理由のひとつです。
もちろん、こういったシステムになっているのは、運営側が確実に利益を上げなければいけないからです。つまり、競馬であれば25%分は運営側にとって利益となっているわけですね。
このシステムについては、オンラインカジノも変わりません。
ただし、オンラインカジノは実際のギャンブルとくらべて、施設や人件費など、ほとんどお金がかかっていません。そのため、より多い払い戻しでプレイヤーに還元することができるのです。
そのペイアウト率は、95~98%ほど。
この数字を見るだけでも、オンラインカジノが断然有利なことがひと目で分かりますよね。
ちなみに、こういったペイアウト率についても第三者による監査が行われているので、不正を疑う必要はありません。

日本で海外のオンラインカジノをプレイしても大丈夫なのか

それでもまだ、どこかオンラインカジノには不安が残る、という人もいると思います。
その大きな理由は、やはり海外のサイトだから、ということではないでしょうか。
現在、日本では公営ギャンブル以外のギャンブルの経営は認められていません。そのため、日本の企業が日本のサーバーを利用して、オンラインカジノを運営することはできないのです。
海外のオンラインカジノであればこの点は問題ないわけですが、そうなると今度はよく知らない会社への不安感が出てきますよね。
たしかに、サービスが始まったばかりのころは、悪質なオンラインカジノも少なからずあったといいます。
しかし、20年以上の歴史を経て、現在ではメジャーなオンラインカジノが生き残ってきました。
その多くは、イギリスをはじめとした、ヨーロッパなどの政府や州によって公認されているものばかりです。
国の公認を受けているという点では、じつは日本の競馬や宝くじを買うのと、それほど変わらないともいえますよね。
また、経営している企業やゲームの制作を行っている会社のなかには、各国の株式市場に上場しているものも数多くあります。
少なくとも、このような大手オンラインカジノでプレイしていれば、詐欺やインチキで痛い目を見る、ということは避けられるでしょう。