ブラックジャックはプレイヤーに有利なゲーム

オンラインカジノのブラックジャックとは?

オンラインカジノのブラックジャックとは?

オンラインカジノにはさまざまなゲームが揃っています。
中でも人気となっているのがブラックジャックです。
テーブルゲームの一つであり、白熱した駆け引きができるという熱いゲームで、さまざまなギャンブラーを魅了しています。

テーブルが満席になることも多く、ブラックジャックを専門として遊んでいる人もいるほどです。
多くのプレイヤーがこのブラックジャックでの駆け引きを楽しみ、そして賭け事に集中しています。

このブラックジャックはトランプを使ったゲームですが、ルールを予め把握しておくことが大切です。
そこで、このブラックジャックの特徴について詳しく見ていきましょう。

カジノで人気のゲーム「ブラックジャック」の基本

カジノで人気のブラックジャックの基本的なルールですが実は、初心者から慣れ親しんできた人まで、楽しめるゲームとなっています。

基本ルールですが、ブラックジャックはトランプを使い、自分とディーラーのどちらが21という数字に近くなるかを競うというゲームになります。
それを予測して、ベットするゲームです。
特にカードの合計値が21ぴったりになることをブラックジャックと呼んでいます。

ブラックジャックは、ディーラーと1対1で対決するというゲームになっています。
同じカードゲームでもここがバカラとは異なる点となっています。
このため、カジノゲームの中でも、タイマンで熱い勝負を楽しみたいという方に向いているゲームです。

ブラックジャックはバカラとは異なり、プレイヤーのスキルを問われるゲームですので、腕を磨きがいもありますし、慣れてくることで勝率が上がってきたりすることもあるなど、とてもやり甲斐があるのが特徴となっています。
また、あくまでも21に近づけるというルールであり、21を超えない範囲で近づける必要があります。
そして細かいオプションだったり、ルールなどがカジノのゲームによって違ってきたりします。

ブラックジャックの基本的な遊び方

ブラックジャックの基本的な遊び方

ブラックジャックの基本的なルールとしては、まずは、プレイヤーとディーラーにそれぞれ2枚ずつカードが配られることになります。
そのときに応じて、ヒットといってカードをもう一枚引いたり、スタンドといって、止めたり、また倍賭けをしてもう一枚引くというダブル、カードを分けるスプリットを駆使して、出た数の合計をディーラーと競い合うという形になります。

合計した数が多いほうが勝ちとなるのですが、21を超えてしまうと、その時点でバーストと言って負けが確定してしまいます。
プレイヤーにはさまざまな選択肢があるのですが、ディーラーには選択肢がなく、次々と自動的にカードが配られるというだけになります。

カードの数え方について

ブラックジャックを楽しむためには、カードの数え方を知っておく必要があります。

まず、エースは1または11と数えることになります。
2~9のカードについては、そのままの数字で2~9とカウントをすることになります。
10のカードと、その他の絵柄については、10と数えるようになります。
バカラとカードの数え方は似ているのですが、慣れてくることで、すぐに計算することが出来ます。

ブラックジャックのゲーム進行

ブラックジャックのゲーム進行

ブラックジャックのゲームの進行についてですが、どのような流れで進んでいくのかを知っておきましょう。
まずは、プレイヤーが賭けたい金額をベットし、その後それぞれに2枚ずつカードが配られることになります。
この時点で、ディーラーのカードは1枚がオープンされていますが、1枚は閉じられて見えないようになっています。
反対にプレイヤーはカードは両方オープンした状態となっています。

プレイヤーは自分に配られたカードの2枚を合計した数を見て、そしてディーラーのカードを見て、次のアクションを自ら判断することになります。
このアクションの結果、プレイヤーのカードが21を超えてしまった場合には、そのままバーストとなり、負けが決定してしまいます。
もしも、21を超えなかった場合には、まだゲームが続くことになります。

次に、ディーラーのもう一枚のカードがオープンされることになり、その後一定の法則によって、ディーラーにカードが配られることになります。
プレイヤーは、ヒットやスタンドなどアクションを取ることが出来るのですが、ディーラーはアクションを取ることが出来ず、合計が17以上になるまでヒットし続けなければならないという決まりがあります。

ブラックジャックの魅力とは?

オンラインカジノのブラックジャックの魅力は、なんといっても、他のゲームと比較してもダントツにペイアウト率が高いということです。
ハウスエッジが低くペイアウト率が高いということもあり、それだけ勝つことが出来るチャンスが多いことを示しています。
また、戦略を駆使することが出来て、勝ち負けの目標を立てやすくなっているという点もメリットとなっています。