オンラインカジノを始めてから儲けるまで

オンラインカジノの登録から払い戻しまでを知ろう

オンラインカジノをこれから始めようと考えている方は多いのではないでしょうか。

オンラインカジノは、ギャンブルということもあり、入出金をする必要があります。
また、インターネットでできるオンラインギャンブルですので、ソフトのインストールなどある程度準備が必要ですし、流れを知っておく必要があるのです。

そこで、オンラインカジノの登録から払い戻しまでは、どのように行えばいいのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

オンラインカジノのソフトをインストールしよう

オンラインカジノを始める際には、まずは遊びたいカジノサイトをまずは選びましょう。
そして、良いと思ったサイトからプログラムのインストールを行います。
いますぐ遊ぶなどのボタンをクリックすることで、プログラムのダウンロードができます。

ダウンロードはクリックをしてから、インストーラーを起動します。
その際に、上手くダウンロードできないこともあります。
その場合には、セキュリティソフトが邪魔をしているケースもありますので、この場合はオフにしておきましょう。

しかしながら、Macの場合は対応をしていないので、インストール出来ないこともあります。
最近では、ブラウザで遊べるタイプのオンラインカジノも増えてきており、こちらでは、ダウンロード不要となっています。
こちらなら、ブラウザでそのまま遊ぶことができます。この場合には容量を気にする必要もありません。

アカウントの登録方法について

オンラインカジノではアカウントを登録する必要があるので、まずは必要事項を入力していきましょう。
オンラインカジノのアカウント登録は、ホームページ上で行います。
必要事項である、氏名や住所などを入力する形になります。
無料プレイの場合には、メールアドレスだけでいいですが、登録の際には必要事項を正確に入力をしていきます。

アカウントの登録については、日本語対応のオンラインカジノでも、ローマ字入力が必要となります。
ヘボン式となりますので、間違えないように注意をしましょう。

特に間違いが多いのは住所に関することです。
少しでも入力ミスをすると、払い戻しの際に払い戻しされなかったり、あるいはアカウントを凍結されてしまう恐れもありますので、正確に間違いがないようにしましょう。

また、虚偽の情報を入力しないことも大切です。
あとで身分証を提出した時にバレてしまいますので、注意をしましょう。
そして、この際にはオンラインカジノで使用する通貨も設定します。
こちらの通貨については、米ドルなどが一般的ですが、ユーロやポンドが使える場合もあります。
手数料などを考えて使用通貨を選ぶようにしましょう。

オンラインカジノへの入金について

オンラインカジノへの入金ですが、主にクレジットカードやエコペイズといった電子決済サービス、そして電信送金などの銀行振込があります。

クレジットカードは入金が素早いという特徴があり、エコペイズは、入出金のどちらもが可能なので、便利です。
プレイヤーは任意で賭け金を決めることができますが、ある程度の金額を用意しておく必要があります。

入金については、エコペイズなどのアカウントを作成しておきましょう。
オンラインカジノの画面のキャッシャー画面などで支払いとチップ購入ができますが、何度もボタンを押さないようにしましょう。

オンラインカジノのボーナスの申請について

オンラインカジノでは、条件を満たすことによってボーナスを受け取ることができます。
こちらのボーナスは、申請をしなければならないケースがありますので、忘れずに申請をするようにしましょう。

ボーナスの申請については、申請ページが用意されているケースもありますが、オンラインカジノによっては、メールを送信する必要もあります。
また、自動的にボーナスが付与されるケースもありますので、オンラインカジノの規約を最初にチェックしておきましょう。
ボーナスは、申請しなければもらえないケースもありますので、忘れないようにすることが大切です。

オンラインカジノの払い戻しについて

オンラインカジノの払い戻しについてですが、一般的にはエコペイズなどの電子決済サービスが利用されます。
その他にも、電信送金といって、銀行に振り込まれる方法もあります。
しかし、この場合には、手数料も高額になりますし、海外からの送金ということで、銀行からの問い合わせを受けることもあります。

また、小切手という方法もありますが、この方法の場合小切手を発行するまでに期日がかなりかかってしまい、手数料についても3千円~5千円程度かかりますので、避けておいたほうが良いでしょう。
エコペイズなどのアカウントを作成しておけば払い戻しもスムーズです。

また、その際には身分証明書の提出が求められますので、これを提出するようにしましょう。